【2022年版】Steam版Apex Legendsでおすすめなコントローラー2選【F310/F710】

更新日:2022年5月16日 F310とF710

Steam版Apex Legendsでおすすめなコントローラーを調べてもおすすめされている数が多くて迷っています方が多いと思います。この記事では自分が実際に使用したものしか紹介していないため、本当にAPEXで使えるのかどうかという心配は不要です!

Steam版Apex Legendsで実際に使用可能だったおすすめのコントローラーを2つ紹介します。ものによってはSteamで認識しないコントローラーもあるみたいなので注意が必要です。

有線と無線一つずつ紹介するので自分のスタイルに合った方を選択すれば間違いないです!また、F310・F710ともにApex Legendsの初期設定でボタンがちゃんと割り振られているため、最初にボタン配置で悩むという問題もありません。

Apex Legendsでおすすめな有線コントローラー『ロジクール F310』

F310

『F310』のメリット

  • コントローラー本体、ボタン配置などがシンプルで洗練されている
  • 価格が安い
  • 有線のため接続が安定している

『F310』のデメリット

  • 全体がプラスチックのため安っぽく感じる場合も、すべりやすい
  • 有線のため線が邪魔くさく感じる
  • バイブレーション機能がない

以下の画像は、実際にF310を接続した状態でAPEXを起動し、トレーニングモードで操作したときの画像です。F310はちゃんと認識されており、実際にキャラクターを動かして問題なく操作することができました。

APEXのトレーニングモード

重さは約175gで体感は結構軽いです。

F310の重さ

Apex Legendsでおすすめな無線コントローラー『ロジクール F710』

F710

『F710』のメリット

  • コントローラー本体、ボタン配置などがシンプルで洗練されている
  • F310と違って背面全体がラバーコーティングされているのですべらずに持ちやすい
  • 電池が入っているぶんF310より重量感があって持ちやすく、しっくりくる
  • バイブレーション機能がある
  • 無線のため線が邪魔くさくなることがない

『F710』のデメリット

  • F310よりも高い
  • 電池があるぶん重いため、人によっては疲れる
  • 電池交換が必要

以下の画像は、実際にF710を接続した状態でAPEXを起動し、トレーニングモードで操作したときの画像です。F710はちゃんと認識されており、実際にキャラクターを動かして問題なく操作することができました。

APEXのトレーニングモード

電池2本を含めた重さは約285gで体感はずっしりしてます。

F710の重さ
F710の横からの写真
F710の横からの写真
F710の裏面

『F310』と『F710』の本体の細かい違いの比較

F310とF710の本体はぱっと見の見た目は全く一緒なのですが、細かい違いがあるので解説しておきます。

十字キーの高さが異なる

十字キーはF310の方が若干高いです。

遠目だとそこまで分かりませんが、アップにすると高さの違いがよく分かりますね。

F310とF710の横からの比較
F310の十字キーの写真
F710の十字キーの写真

ABXYボタンの高いが異なる

十字キーはF310の方が高かったですが、ABXYボタンは逆にF710の方が若干高いです。個人的にはしっかりボタンを押し込む感覚があるF710の方が使いやすいです。

F310とF710の横からの写真
F310のABXYボタンの写真
F710のABXYボタンの写真

個人的におすすめなコントローラーはF710!

両方使ってきた個人的な感想ですが、F710の線が邪魔にならないというメリットがめちゃくちゃでかいのでおすすめはF710ですね。パソコンでコントローラーを使うときは基本的にF710を使用しています。

【図解】Apex Legendsのコントローラーのボタン割り当て初期設定

デフォルトのボタン割り当てについてはF310・F710共通のためF710で説明します。

まずはこれがApex Legendsのデフォルトのコントローラーボタン割り当てです。

APEXのコントローラーのプリセット

これをF710の対応しているボタンで表すと以下の画像のようになります。

Lはスプリント以外の通常時の移動、Rは視点移動であり、LとRを押し込んだ時の動作が【ズーム切り替え】【格闘】です。

F710のAPEXのボタン配置
F710のAPEXのボタン配置

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。